激しい痛みが特徴の頭痛 | アナタにも忍び寄る群発頭痛|強い痛みから逃れる為の処置
先生

アナタにも忍び寄る群発頭痛|強い痛みから逃れる為の処置

激しい痛みが特徴の頭痛

悩み

ある期間、集中して頭痛が起こるという特徴を持つのが「群発頭痛」です。一度痛みがあらわれると、毎日のように頭痛が続きます。痛みが続く期間は、個人差がありますが1〜2ヶ月程度続くこともあります。一度、群発頭痛が起こってしまえば、対処法としては痛みを取り除く、それしかありません。ですから、頭痛が起きないように予防することが大切になります。ただし、群発頭痛の原因については、明確にされていないことも多いのが実際のところですが、アルコールがきっかけとなり、痛みが起こることが多いとされています。頭痛が起きそうな時には、アルコールの摂取を控えるようにしましょう。また、体を温め、血行を良くする入浴は痛みが強くなる可能性があります。入浴ではなく、シャワーを使用するようにしましょう。群発頭痛の治療法としては、酸素吸入法と薬物療法が中心となります。鎮痛剤を服用しても、耐えることが出来ないような激痛には、純酸素を吸入することにより、痛みを軽減させることが出来ます。酸素ボンベやマスクについては、医療機関に相談することにより、レンタルすることが出来ることもありますので、発作が起きたことがある場合には、相談してみると良いでしょう。

15歳以上の日本人の3人に1人は、頭痛持ちであると言われています。頭痛と一口に言っても、原因は様々あります。偏頭痛や緊張型頭痛とは異なる群発頭痛は比較的患者数が少ないと言われています。正しい治療を受けるためには、医療機関選びが大切になります。頭痛外来がある場合ではそこを選ぶようにします。頭痛外来は、その名の通り、頭痛の診察を専門的に行なっているところです。豊富な経験を持つ医師による診療を受けることが出来ます。ただし、すべての病院に頭痛外来があるわけではありません。頭痛外来がないという場合には、神経内科や脳神経外科に相談するようにしましょう。いずれの場合も、診療を受ける前には、どのような時に痛みが起こるのか、痛みが起こる頻度、最初に痛みを感じた時の状況、痛みの継続期間など、頭痛に関する情報を自分なりに整理するようにしましょう。また、頭痛の症状は精神的なトラブルから引き起こされることもあります。そういった原因による頭痛の場合、外科や内科による治療がうまくいかないことも少なくありません。心因的な原因に心当たりのある方は、心療内科などで診察を受けてみてもよいでしょう。精神科の場合はカウンセリングなどによる治療が主となっており、他の診療科でなかなか直しにくい症状を素早く治療してくれます。この様に、群発頭痛の際には、推測される原因に合わせて医療機関を選びましょう。